#参道

51,686 posts

Loading...
明日が土用の丑の日らしいのですが、我慢出来ずに今日行ってきましたー! やはり川豊さんは美味しい(^_^; これで明日から頑張れる(*•̀ᴗ•́*)👍 ϵ( 'Θ' )϶ ϵ( 'Θ' )϶ ϵ( 'Θ' )϶ #川豊 #鰻 #鰻重 #成田 #成田山新勝寺 #うな重 #贅沢ランチ #土用の丑の日 #ランチ #lunch #肝吸い #骨煎餅 #うなぎ #成田ランチ #参道 #千葉 #成田市 #Japan #Japanesefood #特上
2017年末 ファーストプレゼン模型part2 今データを見直してみると内側の写真とってなかった... 好きな家具達が配置されてて良かったのに.. 。 pic.1 東 pic.2 西 pic.3 南 pic.4 北 西側には#神社#参道 があるので西日は大丈夫。 神様ありがとうございます。 #マイホーム #西日はきつい #模型 #注文住宅 #木製サッシ #吹き抜け #大開口 #neie #小さな家 #旗竿地
#参道 #ラマンチャ 長飲み🍺 久しぶりに後輩に呼ばれたんで😌
紀元前500年ごろからあると伝えられている鹿島神宮。地震除けの要石があったり、立派な神木があったり、一度訪れてみたかった場所です。 #鹿島神宮 #参道 #鳥居 #茨城 #kashimashrine #ibaraki #japan #summer #holiday #trip #travel #drive #d7500 #lightroomclassiccc
百舌鳥八幡宮⛩ 鳥居と参道 連日37度超えの暑さの中、久しぶりに御朱印をいただきに行って来ました。 境内に上がると風が吹き抜けてるんですが、途中がもう💦 手水を使うのをすっかり忘れてお詣りしてしまったのも、暑さのせいということにしておきましょう😓 . . . #百舌鳥八幡宮 #鳥居 #参道 #shrine #visitashrine #torii #toriigate #sunnyday #bluesky #osaka #japan
Close friends ✨ @shelleyhennig #shelleyhennig
Best friend 🙈❣ @shelleyhennig #shelleyhennig
Her smile 😍😍✨ @shelleyhennig #shelleyhennig
Olt but gold 😍😍 @shelleyhennig #shelleyhennig
街歩き ~ 店が並ぶ商店街がこの街での一般的な昭和風情な路地歩きなんだろうけど … いちおう写真撮りながら歩いたけど観光客が一人も歩いてなくて残念だなあ良い町なのに … とはいえ私は基本更に奥のディープな生活路地を攻めてた訳ですが #yoshi2816_日生 #街歩き #散歩 #路地 #路地裏 #細道 #参道 #坂道 #階段 #下町 #田舎 #ノスタルジック #レトロ #昭和レトロ #錆 #昭和 #岡山 #日生 #日本の風景 #絶景 #漁港 #瀬戸内 #street #streetphotos #streetphotography #jspanesecountryside #nostalgic #japan #hinase #sonya99
I love you !!! ❤ @shelleyhennig #shelleyhennig
How sweet are you ❤🍁 @shelleyhennig #shelleyhennig
Maybe one day ? ❤😭 @shelleyhennig #shelleyhennig
Such a baby ❣ @shelleyhennig #shelleyhennig
袋井市新池 大宮神社 JR袋井駅から南西に約1.5㎞に鎮座します。近年 工場や新しい住宅団地ができ、発展している地域です。歴史のある神社が これからも大切にされていくことを 願っています。 #静岡県 #磐田市 #袋井市 #神社 #神社巡り #鳥居 #拝殿 #参拝 #参道 #御朱印 #御神木 #鎮守の森 #氏神さま #狛犬
. 参道に咲く紫陽花が 色鮮やかで綺麗でした🌸 . 昨日の写真どれも素敵で 選べないのでゆっくり 少しずつあげていきます😉 . #japan #yamagata #山形市 #出塩文殊堂 #参道 #紫陽花 #玉ボケ #ファインダー越しの私の世界 #sonya6000 #ミラーレス一眼 #カメラ女子初心者 #風景写真 #花のある風景 #flowerstagram #写真撮ってる人と繋がりたい
大山「大神山神社 奥宮」を参拝。 * トレッキングの無事と中に入らせてもらう為のご挨拶を大山寺と共にさせてもらいました。 * 自然石で敷き詰められた参道は約700mで日本一。 一体どうやってこんなにも…。 #青山草太 #sotaaoyama #日本 #japan #神社 #shintoshrine #寺 #temple #御朱印 #参拝 #大神山神社 #奥宮 #大山 #daisen #参道 #theapproach #日本一
はつもうで、じゃなくて、なつもうで。 ダジャレか?…いえ、神社業界のキャンペーン?として真面目にやっているみたいです。 これは近所の八幡さまなんだけど、この神社のホームページのURLが可愛いんです。80000gooなの。つまり8万グー。はちまんぐう! ・ #富岡八幡宮 #ハマのエビス様 #夏詣 #神社 #参道 #暑い #写真好きな人と繋がりたい #igersjp #ig_japan #unsquares #shrine #japan #kanji #em5markii
霧島神宮⛩ 参道の雰囲気。。 鳥居をくぐると木が繁り昼間でも参道は薄暗く雰囲気たっぷり。これからお参りに向かう人々。 ・ 毎日暑いっすね!スーツなんで外で動くと汗がしたたり落ちます💦車もなかなか冷えないんでたまに車ごと屋根付き駐車場に避難💧日陰だとクーラーもよく効きます♪ ・ #霧島神宮 #霧島六社権現 #霧島 #霧島六社権現巡り #神社巡り #ニニギノミコト #神社 #神社仏閣 #参道 #木々 #神社仏閣巡り #写真 #カメラ #photo #写真好きな人と繋がりたい #写真好き #撮影 #コンデジ #コンデジ # #鳥居 #鹿児島 #九州 #御朱印巡り #instagood #instalike #instadaily #kagoshima #jinja
多岐神社の参道です⛩ 空気がひんやりして気持ちいいです✨✨😌 #多岐神社 #murakamishi #shrine #sea #参道 #村上市 #お滝様 #海
『半夏生』(はんげしょう)🍃🌱 ✏️別名「半化粧」「片白草」(かたしろぐさ)とも😊一見白い花が咲いていると思いきや👀白い葉っぱで虫を誘うために進化したそうな🤔 2枚目が花で、花言葉は「内に秘めた情熱」「内気」 ~なるほど…目立たない花なりの陰の努力がひしひしと感じられる~😯 (撮影📱 6/13) . #半夏生 #半化粧 #片白草 #ハンゲショウ #ドクダミ科 #防府阿弥陀寺 #お寺 #神社仏閣 #参道 #散策 #季節の花 #四季の花 #花 #花言葉 #内気 #日本の景色 #日本の風景 #癒し #リラックス #リフレッシュ
境内のサルスベリやムクゲの花は、だいぶ高い位置で咲いていて、ほとんど誰も気づかない状態だったのですが… ✨\( ´ω` )/✨やっと! 目につく高さにも咲き出しました♪ . サルスベリは、線香花火のような形状ですが、 まったく儚げなく😂 暑い夏に百日咲く元気な花です☀ . ちなみに8月の縁守は、サルスベリの花が入ります。 . . #百日紅 #サルスベリ #灯篭 #参道 . . . . . #群馬 #太田市 #冠稲荷神社 #稲荷神社 #神社 #神社巡り #お稲荷さん #日本の風景 #はなまっぷ #japan #jinjya #jinja #Shinto #shintoshrine #IGersJP
☆ film photography ☆ はじめましてYUKIOです ☆ お土産屋さんの店先で ☆ #filmphotography #nikonf2 #nikkor50mm14 #ファインダー越しの世界 #写真すきな人と繋がりたい #参道 #お土産屋さん #YUKIO
© . 🌲 .. #樹叢 #参道 #木のトンネル ... ....
開運神社参拝ツアー! 淡路島おのころ島神社の大鳥居です。かなり巨大です。 ・ ・ ツキと幸運を呼ぶFacebookライブをしています。 録画視聴可能で幸運体質になるワークができます。 @givegive_alex ←このプロフィール内の青字URLから視聴してください。 ・ ・ #和 #日本 #日本人 #落ち着く #日本人で良かった #和心 #Japan #IloveJapan #お寺 #寺 #神社 #仏閣 #神社巡り #神社仏閣巡り #鳥居 #石段 #お宮参り #国宝 #癒される #巡業 #茶店 #綺麗な写真が見たい #神道 #稲荷神社 #参道 #お参り #浄化 #パワースポット #パワースポット神社仏閣
神社では参道の中央を神さまが通る道(正中)捉えることがあります。参道の中央を避けて進むのは敬意の表れ。また、参道の中央を横切る際に、軽く頭を下げながら通ったり、中央で神前に向き直って一礼してから横切るという敬意の表し方もあります。 #神社結婚式振興会 #神前式 #参道
どうせ今日も暑いんでしょ ☀️ι(´Д`υ) - 京都上桂『浄住寺』pic 2018/5/20 - #京都 #桂 #浄住寺 #寺 #参道 #kyoto #japan #japanese #temple #green #ig_nippon #ig_japan #igersjp #photo #photolabo_jp #lovers_nippon #instagramjapan #icu_japan #view #instagood #instacool
『宇治上神社 (Ujigami Shrine)』 鳥居 【世界遺産 World Heritage】 創建年代などの起源は明らかではないですが、延長5年(927)以前に創建されたと推定されています。 明治以前は、近くの宇治神社と二社一体の存在であり、両社を合わせて「宇治離宮明神」と総称され、平等院の鎮守社として崇拝されてきました。 「宇治」の地名は、かつては「菟道」と書いて「うじ」と読んでいたそうです。
7月14日訪問。長野県中野市 大字中野栗和田2132、曹洞宗の寺院、常楽寺。暑さのせいか、寺院を訪問する人は私以外は皆無。画像は仁王門と本堂の間の羅漢殿。内部には五百羅漢像。圧巻でした。
7月14日訪問。長野県中野市 大字中野栗和田2132、曹洞宗の寺院、常楽寺。暑さのせいか、寺院を訪問する人は私以外は皆無。画像は仁王門。2、3枚目は仁王像。4枚目は仁王像の裏側にあった仏像。ご覧のような状態で確認できず。最後は六地蔵。
360度画像を載せたいのにインスタは非対応 最初に見たとき感動したから見せたいのになー . . #早く360度画像対応した下さい #榛名湖 #榛名神社 #参道 #insta360one #360度カメラ
鳥居から随身門までの参道左手に授与所があります。 . 現在建て替え中の社殿の落成後に授与所も開きます。 古文書などの資料は全て古文書館にお預けしていますが、写真はお見せ出来る物もありますので、お気軽にお声をかけて下さいね。 . 神様のご加護がありますように。 . ※現在社殿の建て替え中です。落成は9月を予定しています。授与品、御朱印も9月の落成後に授与いたします。 只今ご祈祷予約を受付中です。詳しくはプロフィール欄リンクからご覧下さい。 . #神社 #田脇日吉神社 #神社巡り #寺社仏閣 #神職 #陰陽師 #十種神宝 #古文書 #ご祈祷 #御朱印 #ペットのご祈祷 #ペットのお守り #手ぬぐい #マクラメ編み #五芒星 #水晶 #随身門 #参道 #福岡県 #柳川市 #shrine
卍 * #日曜日 #新潟旅 #新潟県 #南魚沼 #金城山 #曹洞宗 #名刹 #雲洞庵 ←うんとうあん #雲洞庵の土踏んだか #越後一の寺 #日本一の庵寺 を自称する古刹 #赤門 赤門をくぐった場所から#参道 雰囲気良すぎて感動🙆 この参道の敷石一枚一枚の下には #法華経 が1文字ずつ記してあり 参拝者は、法華経を踏みながら お参り出来る🙏 これが↑雲洞庵の土踏んだか の 標語らしい! また、お参りに行きたいお寺さん あ、 見てなかったけど【天地人】のロケ地? 小栗旬、石田三成役やったんやね😄 織田信長のイメージなんだけど(笑) #パワースポット #寺社仏閣 #寺社仏閣巡り #御朱印
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
Holy Mountain Japan ・ 茨城 日立 ・ 日が立つ 果の地の ・ 霊山 霊社 ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 古き 和の 国は ・ 山が 森が 林が 木が ・ 神であり ・ 古き 和の 人は ・ 神と共に 神と通じ 神と生き ・ 近き 和の 人は ・ 山を降り 山の端に 里を作り ・ 山を離れ 里の中に 森を作り 社を祀り 神を招き ・ 海を越え 海を渡り ・ 大陸から 伝承した ・ 仏と 神と 人を ・ 平らに 和して 祈りで 繋げた ・ 賀毘禮山 御岩神社 ・ 平地と離れ 霊気が漂い 生気に満ち ・ 188柱の 神々様と ・ 真言宗 御本尊 大日如来様 ・ 天台宗 御本尊 阿弥陀如来様 ・ 唯一つ 神仏を 融和し ・ 抱く山の社 ・ 奈良時代 713年 日本最古の書 常陸国風土記 ・ 浄らかな山 賀毘禮の高峰に 天つ神鎮まる ・ と記が残り ・ 縄文の人々の 神々の祭祀の 遺跡が存在し ・ 御岩山頂の 賀毘禮山に ・ 天御柱と 天岩戸の ・ 5億万年前の 大地の洞窟に ・ 天上から 天地へと ・ 天津神 立速日男命が 降臨した ・ アポロ14号 宇宙飛行士 エドガーミッチェルが ・ 宇宙の宙から 地球の上にて ・ 輝く光を 目に留め ・ 帰還し 緯度や 経度を 計測し ・ 来日し 来山し ・ 日本女性初 宇宙飛行士 ・ 向井千秋も スペースシャトルから ・ 地球から 宇宙へと ・ 立ち上る 光の柱を 目に刻み ・ 帰還し 日立の 山中に ・ 辿り着く ・ 齢を 重ね ・ 六百年 ・ 三つに 別れて 天へと 聳える ・ 三又に 天狗が 鎮座す ・ 天狗杉と 三本杉が ・ 迎え入れ 社に入り 木の根の 道を辿り 山を登り ・ 神を 仏を 祖を ・ 詣り 感じ 祈る ・ 我が郷に 我が素に 我が元に ・ 立ち還る 再び先に 歩み出す
next page →